topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花嫁 - 2012.02.06 Mon

ライトを購入しました。
ライト
今まで使っていたものが壊れてしまい、天井照明を使っていましたが
明るすぎて目が疲れてしまうので思い切りました!




先週、うちは友達の結婚式に出席した。
だけど、ハプニングがあり花嫁が2次会で着る予定だったドレスを
借りました。詳しくは前の日記を参照してください。
その続編なので今日は花嫁じゃないけど、花嫁で通します。

クリーニングに出したドレスを持って花嫁の新居におジャマした。
彼女は今日もびっくりする位、短いスカートはいてた。
あんなんはいて部屋の中で寝転がったらパンツ丸見えだ。
いったいどないして寛ぐんだろう?

うち「ドレスおおきに。当日は遅れてしまってホンマにごめん」
花嫁「あんたのせいで結婚式でのうちの写真は携帯持って怒ってる
写真ばっかりや!」

式当日、自分の居場所を言うとみんな来てくれるだろうと思って
事情で遅れる事以外は伝えなかった。
そんなうちに「あんたどこおんねんっ!はよ言わんかいっ」と
一番電話をしてきたのは花嫁やった。
アルバムを見せて貰ったけど、ほんとに携帯持って怒ってる顔した
写真が多かった。

うち「ほんま申し訳なかった。うちに出来る事はなんでもします」
花嫁「今頃そんなん言われても遅いわ」

なんかずっと前から引っかかってた事があった。

うち「なぁ、前から聞こうと思っててんけど何でそんなに
うちの事を気にしてくれるん?」

うちらは大学からの友達だ。
でも同じヒト科でも花嫁は社交族で、うちは引きこもり族。
学生時代、ハデに動きまくってた彼女に対して
うちは地味に過ごした。
ノート貸したり、構内で会えば話した事はあったけど
そんなに仲良くしてた訳じゃなかったし、うちは卒業と同時に
イギリスへ飛んだから音信不通。
だから結婚式の招待状を貰ってビックリした。

花嫁「あんた、ママンから何も聞いてへんの?」
うち「?????。何を?」
花嫁「ホンマ口固いな。あんたのママン。」
うち「何のこと?」
花嫁「うちな、大学時代不倫しとってん」

ギョッとした。

花嫁「あんたと旅行するとか、あんたんとこ泊まるとかって
親には言って出かけててん。でも、おとんが急病になって
おかんがあんたの家に連絡した時にママンが電話に出てん。
その後な、うちママンに会いに行ってんで。
そしたら”ウソはつき始めると止まらなくなるからもう止めなさい
ひとりで止めるのが難しいならここへお茶を飲みに来なさい”って
言われてん。だからあたしはあんたの家でお茶習ってるねん。」

何も言えないでいるうちを置いて花嫁は話し続ける。
花嫁「いつも周りから”花嫁みたいになりたい”って言われてた。
でも小汚いカッコ(Tシャツ、ジーンズ)のあんたはそんな事を
言ってけえへんかった。
あんたを負かしたろうと思ってあたしは近づいたよ。
でもこのあたしが話しかけてるのに何の興味も示せへんし
ずっと研究室に籠って楽しそうにしてた。
なんやねんって思ったけど、これは使えると思って
不倫する口実に使っててん。」

うちのママンは茶道の先生です。
このブログを始めの方から読んでくれてはる方で
覚えてはる方はいらっしゃるでしょうか?
昨年の夏にうちは高額な茶碗を割りました。あれはママンの
仕事道具でした。

茶碗事件
茶碗の代償


花嫁「お茶はエエよ。心が洗われる。
夏の暑い時でも心を静めると汗が止まるねん。
ママンのおかげでまともになって、結婚もしたし」

それでお茶を習いに来てるんか。
うちは「お茶はシャベりながら楽しく飲むもんや」と思っているし
そんな長時間ジッとしてられないので習った事がない。
でも花嫁が習いに来てるのは知ってた”なんで花嫁がお茶?”と
思ってたけど特に聞いた事はなかった。

花嫁「なぁ?」
うち「なに?」
花嫁「あんたはあたしの事をよく知らんと思うけど
あたしはママンからあんたの事を聞き出してるから
よう知ってるねん。
あんたとちゃんと友達になりたいって思ってる。
あたしの事を知って欲しいって思ってる」

花嫁と知り合って10年近く経つのですが、初めてたくさん
話しをしました。
恥ずかしくてよう言わなかったのですが。
大学時代、いつも人に囲まれて楽しそうに過ごしてて
たくさんの人と知り合い、どんどんネットワークを広げ
自分から情報を発信している花嫁が羨ましかったです。
そして、今日みたいに素直に自分の気持ちを伝える事が
出来る花嫁はうちの憧れです。

今日はなんだかココロ温まりました。
スポンサーサイト

外国人男性を。。。 - 2012.01.29 Sun

ミッチー、男性をひろいました。
この言葉の響きカッコ良くないですか?今年のうちは男前です。

ドラマで男性が女の子ひろったり、女性が男の子ひろったりという
素敵な設定だけど、男前のうちは年上の外国人男性を
ひろいました。正確的には見つけました。かな。

今日は友人の結婚式に出席するためホテルへ行きました。
こんな事でもない限り足を踏み入れる事はない高級ホテル。
着物を着たので車に乗ってった訳ですわ。
ホテル駐車場に車を入れたんですけど、そりゃもう乗り物好きには
たまらん景気のエエ車がポンポン停まってた。

時間がなかったけどクルクル見てまわってたら
倒れてる人の足が見えた。
慌てて駆け寄ったらごっつい熱で頭から血が出てて足骨折してた。
うっすら話せる状態だったから、車止めに気が付かずに転んで
その拍子に頭を打った。長い時間ここにいると話してくれました。
外国で車止めを見た事無い気がする。思いっきり転んだんだろう。
おまけに、こんな冷たいコンクリートの上に長い事倒れてたら
そりゃカゼもひくわ。
救急車呼んで、自分の車から震災セットを持ってってと
自分に出来ることをしてました。

髪に花を散りばめた振袖着たヤツが毛布やら救急箱やらを持って
セキュリティカメラの前をバタバタ動き回るから目立ったんで
しょうか。
警備員さんたちとホテルスタッフたちがやって来ました。
事情を説明してたら救急車が到着。男性は運ばれていきました。

うちの振袖は泥と血液で汚れてしまい、髪もグチャグチャ。
そして出席してる友人からは「何してんねん?」と電話の嵐。
どないしよかと考えてたら、スタッフさんが着物のクリーニングと
美容室の手配をしてくれました。
ただ、ドレスといえば花嫁さんが着るようなドレスしかないので
コンパニオンさんが着るユニフォームを貸してくれました。
こんなの↓
ユニフォーム
(写真は四国ユニフォームより)

随分遅れて披露宴会場に行ったら、みんな心配してくれましたが
花嫁からは一言
「あんた!あたしの結婚式にそんなけったいな服着んといて。
あたしが二次会で着るドレスに着替えといで」
うち「せやけど花嫁が着るドレス無くなるやん」
花嫁「うちは白ドレス着ていくから、その服なんとかしてきて」
それで、再び美容室へ。
しかし花嫁のドレスは超ミニドレス。
うち足出すのちょっと抵抗があるのですが、これ着ないと
美味しいゴハンが食べられないので頑張って着ました。
けど、足がスースーしてずっと心許なかったです。

なんだか、明日月曜なのにヘトヘトです。

センター試験 - 2012.01.15 Sun

かなり遅いですが。
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

うち、みんなが元気じゃない時に元気な職種、医療関係で仕事をしています。
会社の業績がいいのは喜ばしい事なのか否か複雑な気持ちですが、とにかく忙しいです。
そんな訳でノロノロとではありますが、時間がある時にブログ書いていこうかなと思ってます。

センター試験が終わりましたね。
うちが受けた時は大変だった。。。
防寒対策をしてたのに1日目がめちゃ寒い席で、厚着して臨んだ
2日目はなぜかめちゃ暑くて気分が悪くなった。志望大学へ無事に
合格して卒業できた今だから笑い話になるけどホンマ辛かった。

本題に入る前にうちの親族のことをちょこっと書きます。
ママンは6人兄姉弟(きょうだい)である。だからうちには
従兄姉弟妹(いとこ)が11人いる。うちらの両親たちは一部例外が
あるけど、みんな普通のお父さんとお母さんたち。教育熱心という
訳ではなく、どちらかというと放牧状態での子育てをどの家庭も
展開している。
うちら12人はお互いの家が近いので行き来する頻度が高くて
且つ一番上がよく勉強をしてた事もあり、なんとなくリーダーに
従ってみんな宿題持参で集合してた。その中で上が下へ教える
システムが構築されたためにうち以外塾へは誰も行った事がない。
せやけどうちには教えてくれる兄姉がたくさんいたけど、上の方の
人達はいったいどないしてたんだろうか?

ここから本題。
今年、センター試験を従弟妹が受験した。
従妹のさっちゃんはうちに懐いてくれてる。こんなうちの事を
「おねえちゃん」って呼んでくれる。カワイイカワイイ妹だ。
だから同じ受験生である従弟のこうちゃんの事は従兄姉達に任して
仕事外で使える時間はさっちゃんに付きっきりだ。
従妹バカと呼ばれそうだが試験会場まで車で送迎までした。
きっと日本国外にいてても帰国してきて同じことをしてたと思う。
それ位可愛がってる。

昨日、試験会場に向かう車の中でさっちゃんからこんなお願いごと
をされた。
妹「おねえちゃん、うちな合格したら欲しいものがあるねん」
うち「さっちゃんが欲しいものはなんでも買うたるで」
妹「あんな、お姉ちゃんのヴァレットスタンドが欲しいねん」

なんであんなもんが欲しいんやろう?軽く混乱した。

うち「ええけど。
あれは古いし壊れてるとこもあるから新しいもん買うたるよ」
妹「あれが欲しいねんけど。あかん?」
うち「。。。あげる、あげるよ。でも他に欲しいもんないの?」
妹「他には無いねん。おねえちゃんありがとう嬉しいわぁ」
あんなもんでそんな笑顔になるんや。
うち「じゃあ今日帰ったら持って行ったげるよ」
妹「合格祝いにちょうだい。ほんまにありがとう」

なんか昨日慌てて車のトランクに入れ、今日修理に出したので
写真撮るの忘れてしまいましたがヴァレットスタンドってこんな
ジジくさーいもんです。でも忘れ物が多いうちにはここへ翌日の
準備がまとめて出来るので大変お世話になっています。
Valet stand
さっちゃんと約束したものの、トレイ部分は雑に物を置くので
塗装が剥げてるし、ハンガー部分は倒した拍子に少し欠けて
しまった。なんでこんなものが大学合格のお祝いに欲しいのか
分からない位ボロボロだ。新しいもんと思って販売してるお店を
探したけど見つからない。おねーちゃんとしてはなんかもっと
もっとエエもんプレゼントしたいんですけど!

近況報告~親友編 - 2011.12.30 Fri

東京で体調を崩して入院生活をしました。

発作で意識がなくなる時も、病院で目が醒めた時も目の前に親友の顔があったから
そんなに時間は経ってないと思っていたけど、随分と時は進んでました。
前回の休暇に引き続き、今回も病院で過ごす事になって本当に申し訳なかったです。
それからアメリカへ帰る航空券を変更して退院後、車イス押して東京から大阪へ送り届けてくれて
助かりました。親友にはいつも感謝してます。ありがとう。

私は学生時代には好きな事を勉強し、社会人になってからは好きな事が仕事。
仕事に行くのが、仕事をするのが、仕事の事を考えるのが楽しくて仕方がない。
私は小さな小さなネットワークの中でずっと生きてます。
そんな私でも気分転換したい時に使うのが香水。同じブランドを使い続けてもう何年になるだろう。
この香りは私の脳にしっかり刻み込まれていて、この香りの中にいると安心します。
ブティックは有名になり日本に進出した今でも、この香水はあまり流通してません。
だから、その香りのメンズをつけていた親友を見つけた時は嬉しかったです。
ハッカー攻撃を受けたのはこれで2回目だけど、香りのおかげでうちは素晴らしい親友と
邂逅したと思っています。
これからはもう少し迷惑を掛けないようにスローに過ごすように努力してみるし
困った時はなるべく早く相談するように心掛けるけど、カバンの中が汚くても
誰にも迷惑はかけないだろうっていうか、こんな事パブリックで晒すのだけは止めて下さいっ。


best friend

Hey, are you over there?
I am wondering why you did not say anything even you were confident that even though I had changed my situation dramatically, I would end up being in a psychological trap. I have once deeply considered to move Italy, and start new life there with him while I was in a very bad situation and could not find any practical solutions to problems surrounding me. After all, He has chosen to remain in separate life. What forced me to stay here was hopeless that Japan would provide me with, I was under the water for long time.
Actually, many people who live in Japan get tired or bored and rush to leave the country. But now the country begins to attract me because I would accustom myself to the ordinary life here. I believe now that the difficult situation that I can’t enjoy challenging is not a worth situation to challenge:) x m

近況報告~親友編 - 2011.12.28 Wed

今日は仕事納めでした。お疲れさまワタシ!

ウキウキで家に帰ってきたらエライ事になってました。
赤ちゃん
ピアノがヨダレまみれだ!
国内外に散ってる従兄姉弟妹の一部が冬休みで帰国してきてます。
ママンの兄姉弟妹はみんな近所に住んでいるので結婚している従姉ちゃん従兄ちゃんが
子供を連れて遊びに来てくれてました。
それにしてもお前たちカワイ過ぎる!なんでそんなカワイらしいねんっ
しばらく楽しい毎日を過ごせそうで嬉しいです。




近況報告その5は親友編
10月、親友のナギが帰って来てました。

ナギ邸で頼んでいたお土産を貰いながら2人で話しているのを
隣で見ていたナギパパ&ママはこんな話をはじめた。
ナギママ「ナギ君、女の子にこんな味気ないお土産はどうかと…」
ナギ「全部ミッチーのリクエストだよ」

こんなお土産っていうのはスーパーで売ってるお菓子達と
日本では入手が難しい本達と、ケアハウスのブローシャ達である。

ナギママ「せめてゴディバのチョコレートとか
カワイイパッケージのものにしたらよかったのに」
うち「そんなチョコレート、もったいなくて食べられないです」
ナギママ「どうしてケアハウスのブローシャがお土産なの?」
うち「老後をひとりで過ごすのは寂しいから
一緒のとこへ入居しようって話してるんです」
ナギママ「……………………………………」
なんだか、憐れまれている顔をされた気がした。

ナギパパ「それで、どこへ出かけたんだ?」
ナギ「幕張メッセでロボットプログラミング等について
見て回ってきた。明日はフォーラムに参加してくる」
なんだか悲しそうな顔をされた。
ナギ「何?何が言いたいのさ?全部ミッチーの希望なんだよ」
うち「そうです。私の希望なんです」
ナギパパ「ナギ君、東京ガイドブック貸したげようか?」
ナギママ「ナギ君、それがミッチーちゃんの希望だったとしても
上手にもっとオシャレな場所へ誘ってあげるのが男性の役目よ。
そんなとこばっかり連れていくからミッチーちゃん
Tシャツにジーンズなのよ」

そんなとこにものすごく行きたくて関西から
週末を利用してはるばる来たんですと言いたかったけど
ヤバそうだったから止めた。

ナギママ「アキラ君からロンドンの写真を見せてもらったけど
アキラ君と出かける時のミッチーちゃんはちゃんと髪の毛を
巻いてオシャレしてたわよ」
ナギ「そうなのミッチー?」
うち「あれは、アキラ君は一緒に連れてる女の子は
かわいらしくしとかないとイヤみたいで、いつも待ち合わせの
2,3時間前にうちへきて服を選び、髪を巻いてくれてたんです」
ナギ「それ楽しかった?」
うち「どっちかといえばしんどかったです。
私はオシャレにはあんまり興味がないんです」
スキンケアや体型維持には興味があるが
洋服やヘアスタイルには拘らないのだ。

ナギパパ&ママはまだ何か言いたそうな顔をしてたけど
ナギが話題を変えてしまった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

遅刻パフォーマー


待ち受けojiojiFlash時計
ウェブサイト制作:ThanksMaker

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

海外生活 (33)
ニュース (22)
エンターテイメント (5)
語学の勉強 (1)
ママン (3)
海外旅行 (10)
日本生活 (39)
ひとりごと (12)
ごあいさつ (6)
Friends (7)
パンドラの箱 (41)
未分類 (0)
ハッキング (3)

月別アーカイブ

FC2プロフ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。